八ッ目製薬株式会社 自然治癒力を最大限引き出す
天然素材由来「医薬品」で元気・健美・矍鑠!
サイトマップ
商品案内 中成薬 直営店舗 会社案内 資料請求
 
 

八ッ目製薬株式会社年表

 
戦前戦中 ※青文字は社会現象
西暦(年)   元号
(年)
事項
  明治末期  ■日本橋元四日市町 村井銀行横 河岸通り(現在:野村證券本社附近)の魚河岸に乾物問屋を開業。関東大震災(1923年)、東京大空襲(1945年)で当時の古い記録が焼失、詳細不明。
1919頃 大正8頃  ■「乾燥八ッ目鰻」専門問屋「加次井商店」を同地に開業。
1923 大正12  ■9月1日 関東大震災
1925頃 大正14  ■浅草松竹座前(浅草区北田原町12番地)に「八ッ目食堂」開店。
1929 昭和4 ■朝鮮・京城(現在:韓国ソウル市)博覧会出展
1935 昭和10 ■合名会社「八ッ目食堂」(浅草区北田原町12番地)設立
1936 昭和11   ■「八ッ目食堂」仲見世直営店(浅草公園仲見世東側4・5番)開店。
1937 昭和12   

「本場八ッ目鰻原油 一名キモの油(現在:強力八ッ目鰻キモの油)」「八ッ目の精(現在:八ッ目のせい)」製造販売開始。
■日中戦争(支那事変)勃発
「八ッ目製薬株式会社」を昭和12年12月1日に設立。

 (目的:製薬営業及売薬の製造販売並びに食料品の販売)

1938 昭和13  ■「八ッ目ドロップ」製造販売開始。
1939 昭和14     

■「八ッ目濃厚ドロップ」製造販売開始。
満州国(現在:中国・東北地方)豆満江「第一号漁業許可」取得。満州国豆満江での八ッ目鰻漁獲を開始。

1943  昭和18 

■戦時企業整備令
戦争激化、国策上の企業統合により、高田製薬と統合。

1944 昭和19 ■企業整備により「八ッ目製薬株式会社」と「合名会社八ッ目食堂」解散
1945 昭和20 

■3月10日 東京大空襲
本社、並びに売店・工場等、全て灰燼に帰す。

 
戦後 ※青文字は社会現象
西暦(年) 元号
(年)
事項

1945   

昭和20   

■8月15日 第二次世界大戦、終戦により終結。
■本社跡地にバラックにて店舗兼連絡事務所建設。

1947  昭和22 ■高田製薬株式会社家庭薬品部門として、八ッ目鰻製品製造の工場許可取得。
1948 昭和23 ■製菓原料等の販売を開始
1951  昭和26 ■高田製薬家庭薬品部八ッ目工場を分離独立する。
1952 昭和27 ■組合せ配合シロップ実用新案特許取得
1956 昭和31 ■八ッ目製薬株式会社本社ビル(台東区浅草田原町3-3【現在:雷門1-16-7】建設
1958 昭和33

八ッ目製薬株式会社 再設。
■八ッ目漢方薬局浅草店(台東区浅草田原町3―3【現在:雷門1-16-7】)開店

1960 昭和35

■三栄薬品加工株式会社(江戸川区船堀町541)設立、工場建設。(現在:八ッ目製薬株式会社・江戸川工場【江戸川区船堀2-14-14】)。

1967 昭和42 ■大阪営業所(大阪市中央区道修町2-2-12)開設。
中成薬取扱販売開始
1968 昭和43

■三栄薬品加工株式会社の社名を八ッ目製薬株式会社(江戸川工場)に変更。

1972 昭和47 ■八ッ目漢方薬局上野店(台東区上野7-3-1)開店
1974 昭和49 ■道修町漢方薬局(大阪市中央区道修町2-2-12)開店。
1978 昭和53 ■千葉漢方薬局(千葉市中央区本千葉町7-8)開店
1985 昭和60 ■九州営業所(福岡市博多区博多駅前3-28-4)開設。
■八ッ目製薬株式会社本社(台東区雷門1-16-7 現在本社ビル)建築
1987 昭和62 ■八ッ目製薬株式会社江戸川工場(江戸川区船堀2-14-14)全面改築。
1995 平成7 ■「血府逐お丸」新発売 
1996 平成8 ■「至宝三鞭丸小粒」新発売

Copyright(C) Yatsume Pharmaceutical Co., Ltd. All Rights Reserved.